株式会社 岡田煉瓦製造所|愛知県安城市|各種煉瓦の製造(一般用レンガ・建築用レンガ・床用レンガ・レンガタイル)

 

 

カラーバリエーション

カラーバリエーション

A:赤

A:赤(長手面)

B:素焼

B:素焼き(長手面)

Q:アイボリー

Q:アイボリー(長手面)

R:ベージュ

R:ベージュ(長手面)

P:ピンク

P:ピンク(長手面)

M:マンガン

M:マンガン(長手面)

G:グレー

G:グレー(長手面)

K:黒

K:黒(長手面)

Y:焼過

Y:焼過(長手面)

RO:ベージュ焼過

RO:ベージュ還元

PO:ピンク還元

PO:ピンク還元(長手面)

PPO:ピンク高温還元

PPO:ピンク高温還元(長手面)

N:マンガン焼過

N:マンガン焼過(長手面)

E:イブシ

E:イブシ(長手面)

 

色鮮やかな煉瓦

色鮮やかな煉瓦
 
   
煉瓦の色は原料となる粘土と焼き方で決まります。
粘土は田の下で採れたものや山土などを使用しています。発色には鉄分が重要で、量が少ないと象牙色、多いと赤色になります。他にも色々な成分が煉瓦の色に影響を与えます。
焼き方は酸化焼成と還元焼成の二種類があり、代表的な赤煉瓦は酸化焼成で焼いたものです。
粘土の中の鉄分が反応して赤色(酸化鉄(Ⅲ))になります。
還元焼成は酸化鉄(Ⅲ)を酸化鉄(Ⅱ)に変化させるように窯を還元雰囲気にして焼成します。赤色は小豆色や茶色に変化し、味のある煉瓦になります。
還元焼成品の長手面に模様ができるのは煉瓦を積み上げて焼いているからです。赤煉瓦を還元焼成した場合、煉瓦と煉瓦が接している部分は還元反応が起こりずらく赤色のままで、回りが小豆色に変化するためアンコ模様やゲタ模様になります。この模様も煉瓦ならではの趣や面白さが感じられて非常に好まれています。
   
※色は写真と若干異なる場合もあります
株式会社 岡田煉瓦製造所
〒444-1211
愛知県安城市根崎町西根283
TEL.0566-92-0343
FAX.0566-92-4696
─────────────
各種煉瓦の製造
─────────────
<<株式会社 岡田煉瓦製造所>> 〒444-1211 愛知県安城市根崎町西根283 TEL:0566-92-0343 FAX:0566-92-4696